せき‐へい【積弊】 の意味

  1. 長い間に積もり重なった弊害。また、積年の疲れ。「積弊を除去する」
  • 名詞
  • せき‐へい【積弊】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 鴎外が博物館総長の椅子に坐るや、世間には新館長が積弊を打破して大改革をするという風説があった。

      内田魯庵「鴎外博士の追憶」