せり‐だし【迫り出し】例文一覧 1件

  1. ・・・ 日の暮はだんだん迫り出した。わたしは部屋の中を歩みまわり、来るはずのないモデルを待ち暮らした。そのうちにわたしの思い出したのは十二三年前の出来事だった。わたしは――まだ子供だったわたしはやはりこう云う日の暮に線香花火に火をつけていた。・・・<芥川竜之介「夢」青空文庫>