そう‐び〔サウ‐〕【壮美】例文一覧 2件

  1. ・・・          ――○――◎私は自分が、空想に支配され、いつも目の先にあらゆる壮美なもの、崇高なものの幻を描きながら、毎日は手をつかね坐り、ぼんやり思いに耽って居る種類の人間であるのを知って居る。反対にAはいつも彼の手か足かで、・・・<宮本百合子「一九二三年夏」青空文庫>
  2. ・・・ところが、画題の選択の面では彼女の少女時代からつきまとっている貴族主義、壮美の趣味がつきまといつづけた。「出あい」を描く一方で、マリアは刺客におそわれている「シーザア」やキリストを葬ったばかりの「二人のマリア」の大作を描こうと勢いこんでいる・・・<宮本百合子「マリア・バシュキルツェフの日記」青空文庫>