出典:デジタル大辞泉(小学館)

CPUオペレーティングシステムが異なる動作環境において、同じソースコードを共有できること。一般に、それぞれの動作環境でコンパイルをする必要がある。ソースレベル互換。