そん・じる【損じる】例文一覧 2件

  1. ・・・そしてそのことはまた家庭の団欒と母性愛を損じる。 職業か結婚かの問題は普通の婦人の場合結婚せずして幸福であり得るはずはない。結婚生活の窮乏に堪え得られないなら、共稼ぎして、母性愛と育児とをある程度まで犠牲にしても結婚すべきである。オール・・・<倉田百三「婦人と職業」青空文庫>
  2. ・・・その反抗に対して機嫌を損じる者があれば、いくらあっても、自分はちっとも恐ろしくはないと思っていられる。けれども……。彼女はほんとに興奮せずにはいられなかった。 生命を権利も、それがたとい法律では保護され、飽くまで主張し得べく制定されては・・・<宮本百合子「地は饒なり」青空文庫>