だい‐い【題意】例文一覧 1件

  1. ・・・そうすればおのずからこの文の題意がわかるだろうから。しかし君には大概わかっていると思うけれど。』『そんなことを言わないで、ずんずんやりたまえよ。僕は世間の読者のつもりで聴いているから。失敬、横になって聴くよ。』 秋山は煙草をくわえて・・・<国木田独歩「忘れえぬ人々」青空文庫>