たか‐とび【高飛び/高跳び】例文一覧 2件

  1. ・・・僕は空中にぶら下がっている帽子を眼がけて飛びついて、それをいじめて白状させてやろうと思いました。僕は高飛びの身構えをしました。「レデー・オン・ゼ・マーク……ゲッセット……ゴー」 力一杯跳ね上がったと思うと、僕の体はどこまでもどこまで・・・<有島武郎「僕の帽子のお話」青空文庫>
  2. ・・・ 遂にそのことからハフはフランスまで高飛びしたのを捕えられ、六ヵ月苦役を宣告されることになりました。 長男であるハフにこれ等のことが起っている間、娘のドラは、又悦ばしくない状態にありました。彼女は、母のロザリーに何の親らしい愛も感じ・・・<宮本百合子「「母の膝の上に」(紹介並短評)」青空文庫>