たっ‐ちゅう【頭/塔中】例文一覧 1件

  1. ・・・古来から塔中に生きながら葬られたる幾千の罪人は皆舟からこの門まで護送されたのである。彼らが舟を捨ててひとたびこの門を通過するやいなや娑婆の太陽は再び彼らを照らさなかった。テームスは彼らにとっての三途の川でこの門は冥府に通ずる入口であった。彼・・・<夏目漱石「倫敦塔」青空文庫>