てい‐がく【停学】例文一覧 1件

  1. ・・・なおそれが教師に知れて一週間の停学処分になった。 同級生に憎まれながらやがて四年生の冬、京都高等学校の入学試験を受けて、苦もなく合格した。憎まれていただけの自尊心の満足はあった。けれども、高等学校へはいって将来どうしようという目的も・・・<織田作之助「雨」青空文庫>