出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎖国以前、朱印船貿易で、海外貿易に投資すること。投機的な投資や無駄な投資のたとえにもいう。

「―して仕合はせ」〈浮・二十不孝・三〉