出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]色合いなどが濁っているさま。また、空の曇っているさま。どんより。
  • 「鼠色の汚え泡だらけになって―と流れたわ」〈鏡花・草迷宮〉