出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]なじか」を強めた語。
  • 「かくあるべしと知るならば、―八幡へ参りけん」〈保元・下〉