出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 根と葉。また、根も葉も、すべて。

    1. 「その家来の浪人まで引っ捕へて、―を絶やさうと」〈伎・四谷怪談

  1. 心にわだかまっていて、あとまで残る恨み。

    1. 「他 (ひと) の噂の草履打、それを―にも思はずに」〈人・辰巳園・四〉