ねん‐しょ【年初】例文一覧 1件

  1. ・・・……この巫女は、当年初に仕えたので、こうされるのが掟だと思って自由になったそうである。 宮奴が仰天した、馬顔の、痩せた、貧相な中年もので、かねて吶であった。「従、従、従、従、従七位、七位様、何、何、何、何事!」 笏で、ぴしゃりと・・・<泉鏡花「茸の舞姫」青空文庫>