ねんばん‐がん【粘板岩】例文一覧 1件

  1. ・・・見るとそこはきれいな泉になっていて粘板岩の裂け目から水があくまで溢れていた。(一寸おたずねいたしますが、この辺に宿屋 浴衣を着た髪の白い老人であった。その着こなしも風采も恩給でもとっている古い役人という風だった。蕗を泉に浸していたの・・・<宮沢賢治「泉ある家」青空文庫>