はい‐だん【俳壇】例文一覧 2件

  1. ・・・現代俳壇の乱闘場裏に馳駆していられるように見える闘士のかたがたが俳句の精神をいかなるものと考えていられるかは自分の知らんと欲していまだよく知りつくすことのできないところである。従って上記のごときは俳壇の諸家の一粲を博するにも足りないものであ・・・<寺田寅彦「俳句の精神」青空文庫>
  2. ・・・而して後に俳壇の革命は成れり。 ある人咸陽宮の釘かくしなりとて持てるを蕪村は誹りて「なかなかに咸陽宮の釘隠しと云わずばめでたきものなるを無念のことにおぼゆ」といえり。蕪村の俗人ならぬこと知るべし。蕪村かつて大高源吾より伝わる高麗の茶碗と・・・<正岡子規「俳人蕪村」青空文庫>