出典:デジタル大辞泉(小学館)

hash function》元の数値や文字列から固定長疑似乱数を生成する関数。不可逆な一方向関数という性質を応用して、デジタル署名などに用いられる。メッセージダイジェスト関数。要約関数。