出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《古く「へんじゅう」とも》
  1. かたよった考えをかたくなに守って他の意見に耳をかさないこと。へんしつ。「自説に偏執する」

  1. 他をねたましく思うこと。

    1. 「扨 (さて) は何者ぞ―を起こし害せしか」〈浄・出世景清