出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《坊主の鉢巻きはすべり落ちるので、耳で受けとめるというところから》聞いて知っているということのしゃれ。

  1. しまりがないということ、また、できないということのたとえ。