出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 酔うこと。よい。

    1. 「―に紛れて姑 (しばら) く先刻の不平を忘れて居たりしが」〈鉄腸雪中梅

  1. ある物事に心を奪われて本心を失うこと。心がくらむこと。

    1. 「衣なる珠ともかけて知らざりき―さめてこそ嬉しかりけれ」〈後拾遺・釈教〉