出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「やまのへ」》山のあたり。やまべ。

「―にい行く猟雄 (さつを) は多かれど山にも野にもさ雄鹿 (をしか) 鳴くも」〈・二一四七〉