出典:デジタル大辞泉(小学館)

米国マイクロソフト社のオペレーティングシステム、Windows Vista以降に搭載されるキャッシュメモリー管理機能。利用頻度が高いアプリケーションソフトに対し、優先的にキャッシュメモリーを確保することで動作の高速化を図る。一方、メモリー容量を大幅に占有するため、全体的な動作がかえって遅くなる場合がある。