出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代初期に来日したドイツ人医師、ケンペルの著作「日本誌」の抄訳。元禄4年(1691)、元禄5年(1692)の2度、ケンペルが経験した江戸参府の旅に関する部分を抜粋・邦訳したもの。当時の日本の庶民の生活・風俗を知る貴重な資料となっている。ケンプェル江戸参府紀行。江戸参府旅行日記。
江戸時代後期に来日したドイツ人医師・博物学者、シーボルトの紀行文。大著「日本」から、文政9年(1826)にシーボルトが経験した江戸参府の旅行記の部分を抜粋・邦訳したもの。当時の日本の庶民の生活・風俗を知る貴重な資料となっている。シーボルト江戸参府紀。