出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 寒くて震え上がるさま。

    1. 「寒きこといとわりなく、頤など落ちぬべきを」〈・二九八〉

  1. 食べ物が非常にうまいことのたとえ。あごが落ちる。

    1. 「―・つるやうな」〈虎寛狂・附子

  1. 口数が多いことのたとえ。多弁である。

    1. 「舌の吊り緒、頤の落つる程、こっちからもしゃべる、あっちからもしゃべる」〈浄・栬狩剣本地〉