• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かい‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【戒行】例文一覧 3件

  1. ・・・天魔には世尊御出世の時から、諸悪を行うと云う戒行がある。もし岩殿の神の代りに、天魔があの祠にいるとすれば、少将は都へ帰る途中、船から落ちるか、熱病になるか、とにかくに死んだのに相違ない。これが少将もあの女も、同時に破滅させる唯一の途じゃ。が・・・<芥川竜之介「俊寛」青空文庫>
  2. ・・・凡百の戒行徳目も修せなんだものはない。その方づれの申す事に気がつかぬうつけと思うか。」――が、道祖神は答えない。切り燈台のかげに蹲ったまま、じっと頭を垂れて、阿闍梨の語を、聞きすましているようである。「よう聞けよ。生死即涅槃と云い、煩悩・・・<芥川竜之介「道祖問答」青空文庫>
  3. ・・・実際それらの教団の中には理論のための理論をもてあそぶソフィスト的学生もあれば、論争が直ちに闘争となるような暴力団体もあり、禅宗のように不立文字を標榜して教学を撥無するものもあれば、念仏の直入を力調して戒行をかえりみないものもあった。 世・・・<倉田百三「学生と先哲」青空文庫>