• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かね‐かし【金貸し】例文一覧 7件

  1. ・・・ その頃あの人は、人の顔さえ見れば、金貸したろか金貸したろか、と、まるで口癖めいて言っていたという。だから、はじめのうちは、こいつ失敬な奴だ、金があると思って、いやに見せびらかしてやがるなどと、随分誤解されていたらしい。ところが、事実あ・・・<織田作之助「天衣無縫」青空文庫>
  2. ・・・秀才、はざま貫一、勉学を廃止して、ゆたかな金貸し業をこころざしたというテエマは、これは今のかずかずの新聞小説よりも、いっそう切実なる世の中の断面を見せて呉れる。 私、いま、自らすすんで、君がかなしき藁半紙に、わが心臓つかみ出したる詩を、・・・<太宰治「もの思う葦」青空文庫>
  3. ・・・ 用事があってこの店へ来ることはない。金貸しには交際があるが、それはこの店を禁物にしていて近寄らない。さて文士連と何の触接点があるかと云うと、当時流行のある女優を、文士連も崇拝しているし、中尉達も崇拝しているに過ぎない。中尉達の方では、・・・<著:ダビットヤーコプ・ユリウス 訳:森鴎外「世界漫遊」青空文庫>
  4. ・・・下谷のある町の金貸しの婆さんの二階に間借りして、うら若い妻と七輪で飯を焚いて暮している光景のすぐあとには、幼い児と並んで生々しい土饅頭の前にぬかずく淋しい後姿を見出す。ティアガルテンの冬木立や、オペラの春の夜の人の群や、あるいは地球の北の果・・・<寺田寅彦「厄年と etc.」青空文庫>
  5. ・・・そちは何と申す」「へいへい。私は六平と申します」「六平とな。そちは金貸しを業と致しおるな」「へいへい。御意の通りでございます。手元の金子は、すべて、只今ご用立致しております」「いやいや、拙者が借りようと申すのではない。どうじ・・・<宮沢賢治「とっこべとら子」青空文庫>
  6. ・・・ 人に金貸して、利息でも取り立てる様に書き物を取るなんて…… こっちは、出してもらう身分やないか。 一つ首を横に振られれば、二度と迫られない身やないか。 そんな心掛やから、子も何も出来んのえ。 早くから里子にやられて・・・<宮本百合子「栄蔵の死」青空文庫>
  7. ・・・老夫婦が金貸しか何かそういう種類の職業で鍛えた頭で割り出し、目下千鶴子にすすめている縁談が、彼女にとって気乗りのしないのは無理なく思えた。然し、その話のみならず、全体として結婚しようか、しまいか、大局に於ての決心がつかない苦しみの方が大きい・・・<宮本百合子「沈丁花」青空文庫>