あだし‐ごころ【徒し心】 の意味

  1. 浮気な心。あだごころ。
    • 「君をおきて―を我が持たば末の松山波もこえなむ」〈古今・東歌〉
  • 名詞