(あつ)さ寒さも彼岸(ひがん)まで の意味

  1. 残暑も秋の彼岸になれば衰え、余寒も春の彼岸になれば薄らぐ。