出典:デジタル大辞泉(小学館)

淡竹 (はちく) の皮で作り、ビロードなどで縁どった婦人用の草履。もと京都で作られ、元禄(1688~1704)ごろ流行した。