出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]《「くびたけ」とも》
  1. 足元から首までの高さ。また、物事が多くつもるさま。

    1. 「―つもる借銭 (しゃくせん) の」〈浄・薩摩歌〉

  1. くびったけ」に同じ。

    1. 「あの竹輿に乗せて来た女に我等―」〈浄・矢口渡