出典:デジタル大辞泉(小学館)

他人を敬って、その来訪をいう語。光臨。光来。

「さても只今の―、覚めての後の夢、夢の中の迷ひかとこそ覚えて候へ」〈太平記・三九〉