出典:デジタル大辞泉

ものがなしい気持ち。

「夜ふけて灯前独り坐す―悠々堪ゆべからず」〈独歩・独坐〉