• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ごう‐ふく〔ガウ‐〕【剛×愎】例文一覧 2件

  1. ・・・『回外剰筆』の視力を失った過程を述ぶるにあたっても、多少の感慨を洩らしつつも女々しい繰言を繰り返さないで、かえって意気のますます軒昂たる本来の剛愎が仄見えておる。 全く自ら筆を操る事が出来なくなってからの口授作にも少しも意気消沈した痕が・・・<内田魯庵「八犬伝談余」青空文庫>
  2. ・・・ステップニャツクの肖像や伝記はその時分まだ知らなかったが、精悍剛愎の気象が満身に張切ってる人物らしく推断して、二葉亭をもまた巌本からしばしば「哲学者である」と聞いていた故、哲学者風の重厚沈毅に加えて革命党風の精悍剛愎が眉宇に溢れている状貌ら・・・<内田魯庵「二葉亭余談」青空文庫>