《評議会・会議の意》ソ連の政治的基礎であった組織。選挙された代議員によって構成される代表会議で、1905年、ペテルブルクの労働者が組織したのに始まる。1917年の二月革命後は労働者・兵士代表ソビエトとして革命の指導的機関となり、ソ連成立とともに農民代表ソビエトを加え、正式の権力機関となった。村や市から州・地方・各共和国の各段階に設けられ、頂点に全連邦の最高会議があった。
[補説]「蘇維埃」とも書く。

出典:青空文庫