• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

二次元コードの規格の一。1987年、米国アイディマトリックス社が開発。情報密度が高く、バーコードの10倍から100倍程度のデータを記録可能。歪みや汚れに強く、読み取り方向の自由度が高い。日本ではデータコードとよばれることが多い。