• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「した」は心の意》心の中で泣くこと。忍び泣き。

「下問ひに我が問ふ妹 (いも) を―に我が泣く妻を今夜 (こぞ) こそは安く肌触れ」〈・下・歌謡〉