• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

久三郎 (きゅうざぶろう) 」に同じ。

「飯炊きの梅が下 (しも) の茶碗に汲 (く) みて、―にさし出しければ」〈浮・五人女・四〉