音の消えたあとまで残るひびき。

「唸るように長く尾を曳く其の―を聞くと」〈荷風・夢の女〉

出典:青空文庫