• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都祇園 (ぎおん) の八坂神社で、大晦日 (おおみそか) から元旦にかけて行われる神事。神木からつくった6本の削り掛けを焼き、煙の方向で豊凶を占う。参詣人はその火を火縄に移して持ち帰り、雑煮を煮る。→朮祭 (おけらまつり)