[名](スル)内部にもっていること。内にかくしてもつこと。
  • 「最小なものでも無限を―し」〈寅彦・ルクレチウスと科学〉

出典:青空文庫