梁 (はり) や根太 (ねだ) などを接ぐときに、それぞれの材の一端を同形に欠いて重ね合わせること。