[形動]ある物事が、一定の目的にかなっているさま。
  • 「はなはだ―なこの一つの所行を」〈寅彦・時事雑感〉