粘土など、可塑 (かそ) 性のある材料を用いて造った像。簡単な心木 (しんぎ) にわらを巻き、上に厚く土をつける方法と、粗く彫刻した心木に薄く土をつける方法とがあり、奈良時代に盛行した。現代では多く、ブロンズ像などの原型として造られる。

[美術・音楽/その他の美術の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫