ゆめとまぼろし。また、はかないことのたとえ。「―のこの世」