1. 災厄を除くために神社などで行う儀式。「交通安全の御祓を受ける」

  1. 毎年6月と12月のみそかに、神社で行う祭事。大阪の天満宮住吉神社などの夏越 (なご) しの祓 (はらえ) が有名。お祓祭り。

  1. 神社から出す災厄よけのお札。特に、伊勢神宮からの大麻 (たいま) 。また、それを入れる箱。