• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陰暦6月晦日 (みそか) に、罪やけがれを除き去るため宮中および諸社で行われる祓の行事。茅 (ち) の輪をくぐったり、人形 (ひとがた) を作って身体をなでて清め、それを水に流したりした。輪越しの祭り。みなづきばらえ。なごしのみそぎ。なつばらえ。 夏》