[名](スル)
  1. 道理をよくわきまえていること。また、物事の善悪・損得などをよく考えること。「―のないことを言う」「よく―して態度を決める」

  1. 仏語。もろもろの事理を思量し、識別する心の働き。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:gooニュース