1. 神幸のとき、神霊の乗り物とされる輿。形は四角形・六角形・八角形などで、屋根に鳳凰 (ほうおう) 葱花 (そうか) などを飾り、台には2本の担ぎ棒をつける。しんよ。おみこし。 夏》

  1. (御輿)輿の敬称。特に、天皇の乗る輿。

    1. 「ひんがしの門は四つ足になして、それより―は入らせ給ふ」〈・八〉

出典:青空文庫