• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

飲むと若返るという水。月は欠けて、また満ちるところから、月の神が持っているとされた。

「セーヌ川の水が夫には―になりそうである」〈佐藤春夫晶子曼陀羅

「月読 (つくよみ) の持てる―」〈・三二四五〉