• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

患者統計を作成するために、厚生労働省が3年ごとに行う基幹統計調査。全国から無作為に抽出した病院・診療所を対象とする標本調査。調査日に利用した患者の傷病名・受療の状況・入院期間・診療費支払方法等を調査する。昭和23年(1948)の「施設面よりみた病勢調査」を前身とし、昭和 28 年(1953)から現名称。